空家は大きなトラブルにつながりますAttention

空家を長期間放置し発生する、腐食や悪臭。それ自体が近隣トラブルとなる恐れがあるだけでなく、見た目にも明らかな空家は空き巣が入りやすいため、周辺の治安環境まで悪化させかねません。
空家は、何十年も前の相続が原因になっていることもあります。その他、理由問わず空家管理のお悩みを解決いたしますので、お気軽にご相談ください。

空家によって起こる問題

  • さび
    特に屋外の構造物におけるさびは、その発生した部分だけでも崩れやすくなり、隣近所の方を大きな危険にさらします。
  • カビ
    空家は通気・換気がされておらず、湿気が充満していますので、カビが加速度的に発生します。
    ひどい状態になると、人によっては建物内に入ることすら難しくなります。
  • 臭い
    腐食やカビに加え、空家では下水の臭いも目立ちます。
    これは水道を使用していないためで、水の流れなくなったお風呂場や洗面所などの排水溝から生じます。
  • 雑草
    空家であっという間に成長する雑草の除去は、大変な仕事です。業者に除草をお願いすると、それなりの費用がかかってしまいます。また、放置すると害虫の住処となり、近隣の方へご迷惑をかけます。
  • 空き巣
    空家は雑草や新聞受けに溜まったチラシ等から、それとすぐにわかります。空き巣が入りやすくなるほか、不法投棄や放火なども引き起こしかねません。

居住用財産の売却に関する税制特例についてException

居住用財産の売却には、最高3,000万円迄譲渡所得から控除できる、税制特例が設けられています。
空家の対策として有効です。空家の運用を考えておられない場合は、特例の活用をお勧めいたします。

居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例
住まなくなった家を、住まなくなってから3年を経過する日の属する年の12月31日までに売却を行うことで、最高3,000万円が譲渡所得より控除されます。
(他にも条件がございますので、お気軽にご相談ください)
被相続人の居住用財産に係る譲渡所得の特別控除の特例
被相続人が相続の開始直前まで住んでいた戸建住宅を、相続開始の日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに売却を行うと、最高3,000万円が譲渡所得より控除されます。
(他にも条件がございますので、お気軽にご相談ください)

不動産の相続に関する相談は、おまかせください!Consultation

相続した不動産は、売却したり有効活用したりで一件落着することも多い一方、誰も本来は望んでいない親族間トラブルの原因にもなります。
リアライズは、相続不動産に関するお話も多数、解決してきました。被相続人の方がご健在ですと、相続のお話は不謹慎にお考えになられるかもしれませんが、早めの懸案解決が、相続トラブル予防の大きなポイントです。
お気持ちにもしっかり配慮致しますので、安心してご相談ください。

  • 後でトラブルにならないよう名義変更したい
  • 不動産の相続対策を相談したい
  • 空家のままだと不安なので売却して分配したい
  • 相続税は?
© 2021 realize-cr.com.