高く売却することにこだわりたい方にRecommendation

不動産を、それが欲しい方(仲介業者以外)が見つかり次第、売却します。
売却価格をご自身で決められますので、高値での売却を重要視される方にはベストです。
当社で不動産の用途や適性に応じ、購入希望の方を探させていただきます。

仲介売却のメリットとデメリット

Merit
  • できるだけ高く売却できる
  • 売却相手探しをリアライズ・コーポレーションにお任せできる
Demerit
  • 適性な価格や条件でないと、いつまでも売れない可能性がある
  • 瑕疵(かし)担保責任に問われる可能性がある
  • 売却していることを秘密にできない
  • 仲介手数料がかかる

仲介売却における契約についてAgreement

仲介売却にあたっては、当社とお客さまの間で「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」のいずれかを結ばせていただきます。

  専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
媒介契約の相手(売却相手探しをお願いする不動産会社) 一社のみ 一社のみ 複数社が可能
お客さま(売主様)ご本人での買主探し 認められない 可能(不動産会社への経費支払あり) 可能
不動産会社の義務 レインズへの登録必須(1週間に1度以上の報告要) レインズへの登録必須(2週間に1度以上の報告要) なし

仲介売却の流れFlow

査定をご依頼ください
1
査定をご依頼ください

まずは、売却したい不動産の査定をご依頼ください。

媒介契約締結
2
媒介契約締結

「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」のいずれかを、お客さまと当社間で結ばせていただきます。

売り出し開始
3
売り出し開始

売却希望価格を設定して、売り出しをします。

売却希望価格に制限はありませんが、査定価格とかけ離れていますと、売却が難しくなります。

経過確認と条件交渉
4
経過確認と条件交渉

購入希望者が見つかり次第、条件交渉をします。

また、売り出し後の経過やお問合せ状況などについても、逐一お伝えいたします。

売買契約の締結
5
売買契約の締結
価格や引渡し時期等を明記した売買契約書を、お客さまと買主さまとの間で締結します。
その際、買主さまより手付金が払われるのが一般的です。
決済と引渡し
6
決済と引渡し

売買代金(手付金を除く残金)と、お客さまより当社への仲介手数料(残金)の決済をもって、引き渡しとなります。
書類の手続等はきちんと案内致しますので、どうぞご安心ください。

© 2021 realize-cr.com.