ローン支払いが厳しくても、競売は避けましょうPoint

住宅ローン等の返済が滞り、土地・建物が金融機関に差し押さえられると、競売にかけられます。
ところが競売になった場合、その価格は市場価格より大幅に低いのが通例です。
よって、市場価格に近い価格で任意売却し、ローンを少しでも多く弁済しておくことが、その後のことを考えるとベストです。

任意売却と競売の比較

任意売却 競売
売却金額
市場価格が売却できる
市場価格より割安
プライバシー
近所に知られずに売却可能
× 競売になったことが官報にのる
引越し費用
債権者との交渉次第で受領できる可能性あり
× 自己負担
債権者との対応
リアライズ・コーポレーションが窓口になり対応
× ご自身で対応
リースバック
売却後も自宅に住み続けられる可能性あり
× 必ず退去

当社買取の流れFlow

1
当社にご相談
まずはご連絡いただき、お会いさせてください。
滞納の有無や残債務など、現在の状況についてお聞かせ願います。
2
不動産価格査定
土地・建物の査定を行います。
査定額で売却となるわけではありませんが、売却価格のおおよその目安とはなります。
3
媒介契約
お客さまと当社の間で、媒介契約(専任契約、又は専属専任契約)を結ばせて頂きます。
約1週間
4
金融機関との交渉
当社にて、担保権者である金融機関と、売却価格などを交渉し確定します。
5
売却活動開始
当社の情報ネットワークを使い、できるだけ早く、多くの売却相手候補をお探しします。
6
売却相手の選定
少しでも高い価格で売却できることが、任意売却の大事なポイントです。
最も高い価格を提示した候補を、売却相手に選定します。
7
金融機関の同意
金融機関に対し、売却価格と相手の同意を得ます。
なお、売却価格からは、当社への仲介手数料や司法書士費用、滞納金やお客さまの引越費用を差し引いてローンの弁済が行われます。
約3ヶ月
8
不動産売買契約
お客さまと売却相手との間で、売買契約を締結します。
必要な手続等は当社にてしっかりご案内致しますので、ご安心ください。
9
お引越し
売買契約に記載の引渡日前に、お客さまにてお引越し頂く必要がございます。
当社では、新居のご紹介や引越し業者の手配も承ります。
10
決済・引渡
売却相手よりお客さまへの売買代金に加え、ローンの弁済ほかの決済を行います。
また、抵当権抹消など登記関係の手続きも行い、鍵を売却相手にお渡しして、土地・建物のお引渡しとなります。
約1ヶ月
11
新生活の始まり
慣れないことも多く大変だったと思いますが、任意売却は終わりました。ご相談頂き、ありがとうございました。
当社は売買だけでなく、保険からハウスクリーニングに至るまで、不動産に関するあらゆる相談事をお受けできます。
今後も末永く、ご相談相手にならせて頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

※全体として約3~5ヶ月、最短でも2ヶ月は必要です。

ハウスリースバックについて

任意売却をお考えでも、リースバックがお客さまにとってベストかもしれません。
条件はございますが、今の自宅に住み続けることが可能です。

© 2021 realize-cr.com.